キャリアアップ助成金(正社員化コース)について解説します。よく耳にする噂の助成金ですね。筆者もよく社長さん方から相談を受けて、この助成金を申請していました。活用できるシーンが多く、手続きもシンプルなので結構活用されています。どんな助成金なのか見ていきましょう。

有期契約労働者を正社員にしたらもらえる助成金

一言で表すと、有期契約労働者(バイトなど)を正社員にしたらもらえる助成金です。

詳しいカエル
こんなイメージじゃ。

めんどウサギ
オタマジャクシの足がリアルで怖い。。

 

「働いている人」というのは、バイトだけではありません。契約社員・パートでも、正社員にした場合に助成金がもらえます。

固い言い方をすると、有期契約労働者(「いつからいつまで働いてね!」っていうのが決められている人)を正規雇用労働者に転換(「雇用形態を変える」)した場合に助成金がもらえます。

また、派遣労働者を直接雇用した場合にも助成金がもらえます。

詳しいカエル
「安定した正社員を増やしたい!」というのが国の目的じゃ。
普通の正社員じゃなくても、勤務地限定正社員・職務限定正社員・短時間正社員でもOKです。

キャリアアップ助成金(正社員化コース)ってこんな助成金

  • 有期契約労働者を正社員にするともらえる
  • 派遣労働者を直接雇用するともらえる
スポンサーリンク

もらうための条件は?

対象になる人

(1)働いている期間が6か月以上3年以下有期契約労働者

(2)働いている期間が6か月以上無期雇用労働者

(3)6か月以上3年以下の間、派遣先の同じところで働いている派遣労働者

めんどウサギ
これって学生でも対象になるの?

詳しいカエル
基本的に学生だと上の(1)(2)(3)の「働いていた期間」にカウントされないのじゃ。定時制(夜間の高校・大学)の学生ならOKじゃ。

詳しいカエル
あとは、別の助成金との組み合わせ技もあるのじゃ。

(4)有期実習型訓練(人材開発支援助成金/特別育成訓練コース)を受講し、修了した有期契約労働者(無期雇用労働者に転換する場合は、働いている期間が3年以下)

詳しいカエル
まず研修を受けさせることで助成金を活用して、研修を受けた人を正社員にすることで更に助成金を活用できるのじゃ。

めんどウサギ
ダブルGET!!
(5)正規雇用等へ転換したときに、転換前の6か月と転換後の6か月の賃金の総額を比較して、5%以上増額していること。※賞与や諸手当を含む総額
諸手当のうち、通勤手当、時間外労働手当(固定残業代も)、歩合給などは除かれます。
「賃金上昇要件確認ツール」というものが厚生労働省のサイトからダウンロードできます。これを使って計算してみましょう。

対象になる人

  • とにかく6カ月以上働いている有期・無期・派遣の人
  • 正社員になってから給料が5%以上上がった人

対象にならない人

①過去3年以内に、同じ会社や関連会社で正社員として雇用されたことがある人(役員とかもNG)

②社長や取締役の3親等以内の親族

詳しいカエル
社長が奥さんをパートから正社員にして、助成金をもらおうとしてもNGじゃ。

めんどウサギ
遠い親戚を見つけないとね。

③短時間正社員に転換or直接雇用される場合、転換or直接雇用後に所定労働時間・所定労働日数を超えた勤務をしている人

めんどウサギ
短時間正社員として雇用されたのに、バリバリ残業しまくってたらダメってことか。

就労継続支援A型事業の利用者

詳しいカエル
障害者の人を雇用して、訓練・支援を行う事業のことじゃ。

支給申請日のときに、離職(会社を辞めた)している人

めんどウサギ
マジか!辞められたら困るなあ。。

災害などで事業を続けることが難しくなったときや、本人の都合で辞めた場合、本人の責めに帰すべき理由による解雇の場合は大丈夫です。

めんどウサギ
「本人の責に帰すべき事由」ってなに?

詳しいカエル
法的な責任を取らないとダメなことをやらかしたときじゃ。

⑥転換または直接雇用日から定年までの期間が1年未満の人

めんどウサギ
元々退職する予定がある人は助成金の対象外ってことだね。

同じ会社や関連会社で定年を迎えた人

詳しいカエル
例外はないので注意じゃ。

対象にならない人

  • 身内(同じ会社や関連会社で働いてた人・3親等以内の親族)
  • 辞めた人、辞める予定がある人

対象になる事業主(会社)

まずは雇用関係助成金に共通の条件を満たすことが必要です。

参考雇用関係助成金の共通の条件とは

他の条件としては、きちんと転換・直接雇用したことを証明することが必要です。

具体的には対象の労働者の出勤状況、賃金(給料)の支払状況が載っている書類を保管して、労働局に提出しなければいけません。

詳しいカエル
労働者名簿、賃金台帳、出勤簿(タイムカード)などが必要じゃ。

対象になる事業主(会社)

  • 助成金に共通の条件を満たす会社
  • 対象労働者の転換前・転換後の賃金台帳やタイムカードなどの書類を保管・提出できる会社

対象にならない事業主(会社)

①転換日or直接雇用日の前日から6カ月前~1年経過するまでの間に、雇用保険に入っている人(雇用保険被保険者)を事業主都合で離職させたことがある場合

②転換日or直接雇用日の前日から6カ月前~1年間の期間で、雇用保険に入っている人(雇用保険被保険者)を特定受給資格離職者になる離職理由で離職させたことがある場合(転換日or直接雇用日時点での雇用保険被保険者の6%以上であればNG)

めんどウサギ
特定なんとかってなに?

詳しいカエル
辞めた人の情報が載ってる離職票に、「離職区分コード」という欄がある。そこに「1A」か「3A」と書いてる場合、特定受給資格離職者としてカウントじゃ。
具体的には、解雇や勧奨退職(辞めるように促す)、事業縮小や賃金の大幅低下などによる自己都合離職のことです。
転換前に比べて基本給・諸手当を下げていた場合

めんどウサギ
これはおこ。正社員になって給料下がるのはおこ。

対象にならない事業主(会社)

  • 決められた期間内に、雇用保険に入っている人を「会社都合」で辞めさせたことがある場合
  • 自己都合で辞めた場合でも、「特定受給資格離職者」にカウントされる数が多い場合

詳しいカエル
ちとややこしいが、助成金の対象の労働者ではなく、会社で雇用保険に入っている人がどのような辞め方をしたかがポイントじゃ。

いくらもらえるの?(支給額)

これが一番気になりますよね。中小企業、大企業の場合で分けて見ていきましょう。

中小企業の場合

中小企業の定義をまずは確認しておきましょう。

参考中小企業の定義とは

<>の中は、「生産性要件」を満たした場合にもらえる金額です。

参考生産性要件とは

転換の内容 対象労働者

1人あたり支給額

対象者が母子家庭の母等・父子家庭の父の場合、ユースエール認定企業が35 歳未満の人を転換したらプラス 派遣労働者を

直接雇用したらプラス

有期契約→正規雇用 57万円

72万円

95,000円

<12万円>

28.5万円

<36万円>

有期契約→無期雇用 28.5万円

<36万円>

47,500円

<60,000円>

-
無期雇用→正規雇用 28.5万円

<36万円>

47,500円

<60,000円>

28.5万円

<36万円>

※勤務地・職務限定正社員制度を新しく作って、有期契約から正規雇用に転換したらプラスで1事業所あたり95,000円<12万円>プラスです。

ちなみに「ユースエール認定企業」とは「若者を採用するよ!育てるのに力入れてるよ!」という認定を受けている会社のことです。

めんどウサギ
待って。めっちゃもらえるやん。5万円ぐらいかと思ってた。

詳しいカエル
1年度に1事業所あたり20人まで支給申請できるぞい。今年活用して、来年も活用するのもアリじゃ。

お金モッシュうさぎ
72万円×MAX20人だとすると1440万円・・・ふぉぉぉぉぉ!!

詳しいカエル
分かりやすいウサギじゃな。

中小企業の支給額

  • 1人あたり57万円+αもらえる(有期契約→正規雇用の場合)
  • 1年で20人まで申請できる

中小企業以外の場合

中小企業の定義に当てはまらなくても、助成金を申請することができます。中小企業に比べると支給額はちょっと減ります。

転換の内容 対象労働者

1人あたり支給額

対象者が母子家庭の母等・父子家庭の父の場合、ユースエール認定企業が35 歳未満の人を転換したらプラス 派遣労働者を
直接雇用した場合
に支給額へ加算
有期契約→正規雇用 42.75万円

54万円

95,000円

<12万円>

28.5万円

<36万円>

有期契約→無期雇用 21.375万円

<27万円>

47,500円

<60,000円>

-
無期雇用→正規雇用 21.375万円

<27万円>

47,500円

<60,000円>

28.5万円

<36万円>

※勤務地・職務限定正社員制度を新しく作って、有期契約から正規雇用に転換したらプラスで1事業所あたり71,250円<90,000円>プラスです。

大企業の支給額

  • 1人あたり42.75万円+αもらえる(有期契約→正規雇用の場合)
  • 1年で20人まで申請できる

ざっくりまとめ

正社員を雇う機会があば、是非このキャリアアップ助成金(正社員化コース)を活用してみましょう。毎年活用することができるので、計画的に活用すれば、助成金のおかげで人件費の負担も軽くなります。申請手続きの流れや書類の作成方法も割とシンプルなので、初めてでも自分で申請できる助成金だと思います!

スポンサーリンク
おすすめの記事