助成金は、「中小企業」と「中小企業以外」でもらえる金額が違います。中小企業の方がもらえる金額が多いです。自分の会社が中小企業の定義に当てはまるのかどうか、一度確認しておきましょう。

中小企業の定義

実は「中小企業基本法」という、難しそうな法律で中小企業の定義が決められています。

詳しいカエル
この図が全てじゃ。
産業分類 資本金の額・出資の総額 常時雇用する労働者の数
小売業(飲食店を含む) 5,000万円以下 50人以下
サービス業 5,000万円以下 100人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
その他の業種 3億円以下 300人以下

まず、産業分類によって分かれます。会社のメインになっている事業が、どの産業分類に当てはまるのかチェックしておきましょう。(産業分類についての詳細は別の記事で解説します。)

その他の業種には、建設業、運輸業、農林漁業、電気・ガス業が当てはまります。

めんどウサギ
小売業で、資本金は5000万円以下なんだけど、労働者が50人以上だったらどうなるの?

詳しいカエル
中小企業として認められるぞい。
資本金の額・出資の総額常時雇用する労働者の数どちらかに当てはまればOKです。両方満たしている必要はありません。
もちろん個人事業主でもOKです。中小企業として、助成金を申請することができます。
スポンサーリンク

常時雇用する労働者の定義

めんどウサギ
常時ってどういうこと?正社員のこと?

「常時雇用する」とは、雇用契約の形式の如何を問わず、事実上期間の定めなく雇用されている場合をいい、具体的には、
①期間の定めなく雇用されている場合
②一定の期間を定めて雇用されている場合であって、その雇用期間が反復更新されて事実上①と同等と認められる場合
③日々雇用される場合であって、雇用契約が日々更新されて事実上①と同等と認められる場合が挙げられます。
よって、パートタイム労働者であっても、「常時雇用される」と判断されれば、労働者数に含まれます。

助成金リーフレットQ&A(厚生労働省)

めんどウサギ
あかん、分からん。カエルお願い。

詳しいカエル
正社員は「常時雇用する労働者」っていうのは分かるか?

めんどウサギ
それは分かるけど、バイト・パート・契約社員はどうなの?

詳しいカエル
1年以上働いている人もそうじゃし、1年以上働く見込みがある人も「常時雇用する労働者」じゃ。

めんどウサギ
なるほど!(まだあまり分かっていない)
1年という判断基準は東京労働局が公開しています。
まだ1年働いていない人で契約期間が1年未満の場合であっても、雇用契約期間が反復で更新されて事実上1年以上になるのであれば、「常時雇用する労働者」になります

詳しいカエル
ちなみにこの「常時雇用する労働者」が10人以上いる事業所がある場合、就業規則を作らないと労働基準法的にアウトじゃ。

めんどウサギ
げっ。ちゃんと作ってたかな。。
もし就業規則が無い場合、きちんと作ってから助成金を申請しましょう。
助成金によっては、この「常時雇用する労働者」の人数を申請書類に書く必要があります。判断に迷ったときは、申請前に労働局に聞いてみましょう。

ざっくりまとめ

中小企業の定義は意外と広いことが分かりましたね。一部の助成金によっては、中小企業の定義が少し変わる場合があるので注意しましょう。常時雇用する労働者の数で迷ったときには、労働局に確認してみるのがおススメです。

スポンサーリンク
おすすめの記事